珪藻土のバスマットの手入れ(No more ヤスリ)

未分類

珪藻土のマットは使っているうちに水の吸い込みが悪くなる。

ただの冷たい板になってしまった

布製のマットの代わりに珪藻土のマット。流行に乗って購入して数年。すでに吸い込みが悪くなって布製のマットに戻っている方も多いでしょう。

これは足の皮脂とか埃とかがマットに潜り込んで、目詰まりしてしまうことで吸い込みが悪くなるらしい。

お手入れの定番として、ヤスリで削ることで皮脂などの膜を削り取る方法が一般的だが、かなりの重労働となる。

わたし
わたし

幾度となくヤスリの荒さを変えながら、楽な方法を模索するが、いずれも筋肉痛を伴う結果となった。

そんな時テレビで銭湯の清掃を芸人が手伝う企画をやっていた中で、いわゆるザラッザラのベーシックな「クレンザー」が使われていた。銭湯の床もやはり皮脂がついて清掃は大変な労力らしい。

珪藻土のマットに試して見た。

最近出番がなく、風呂場で錆びついていたガチのクレンザーを引っ張り出して来た。

クレンザーパウダーを珪藻土マットにふりかけ、たわしで普通にブラッシング。特に力むこともなく。全体をムラなく両面をこする。

キレイな水で洗浄。しっかり乾燥させる。

わたし
わたし

吸う! 吸います。かなり改善している!

タイトルとURLをコピーしました